2009年06月05日

『悼む人』

悼む人

普段こうした現代文学は読まないが、去年テレビの書評コーナーで紹介されていて、何となく記憶に残っていた。図書館の順番待ちをする気にはならなかったが、半月ほど前に知人に借りて読む機会を得た。

細かい設定や展開に違和感を感じることはあったが、半月経ってすっかり忘れている(汗)今思い返してみると、読んだ時間はまったく無駄というほどではなかったという感じ。死を待つ母を描く場面は複雑だったけど。

身近な人の死を体験していない人にとっても想像力を働かせるきっかけぐらいにはなると思う。


posted by mayumi at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | フィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。