2013年08月21日

『野菜の自然栽培入門』

野菜の自然栽培入門

以前も記事にした徳野雅仁氏の著書。

最初に著者の本を購入したのはもう20年近く前。それがいわゆる自然農、自然栽培との出会いだった。その頃はまだそんな言葉メジャーではなかった(今もそれほどではないが)。私はただ、その本のなかの畑の写真に魅了されてしまった。田舎では、砂漠みたいな畑、むきだしの土が当たり前だった。でも、その本の中の畑は緑でいっぱい、草のなかに作物が元気に育ってる。これだと思った。

そんな徳野氏の今回の本は、25年空き地だった場所を自然栽培で畑にする3年間の記録。作物別の解説書と違って読み物としても面白い。あぜに勝手に生えてきた植物は残す、面白そうな草は残す、F1でも自家採種など、作物別解説ではなさそうな記述も。ちなみにそれらの行為は私もやってたことなので嬉しかった。


posted by mayumi at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。